旦那に内緒でキャッシングする理由

信用情報機関の内容とキャッシング

信用情報機関というのは、個人のクレジットカードやキャッシングなどの履歴や申し込みや返済状況などを記録している機関であり、その情報は各種の消費者金融や銀行系ローンの申し込みの際にお店が情報を提供してもらっています。

 

信用情報機関がなければ公正な審査ができないんだよなぁ・・・


当然ですがキャッシングというのは返せる当てがある人かどうかを審査する必要があるので、借りての自己申告以外にも客観的なデータとして信用情報機関に登録されている情報を元に審査をすることになっています。

 

個人の情報ってどこまでしられているのかなぁ・・・


日本における信用情報機関は主なものとしてはCICやJICCや全国銀行個人信用情報センターがあり、ほとんどの金融機関はこの三つのどれかに加盟しており、全てについて加盟しているケースも多いです。

信用情報機関の連携と情報交換

この信用情報機関に登録されている情報には先ほどのキャッシングやクレジットカードの履歴の他にもブラックリストの情報も登録されています。これは延滞や強制解約などの他にも、

 

どれくらいの期間、情報は保管されてるんだろうか?


各種の任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理の情報も登録されており、このような事故情報はかなり長い期間保有されてしまうので該当者は新規の申し込みが非常に難しくなります。

 

審査には必要不可欠な情報だから簡単には抹消されないよ!


どの情報であっても金融機関は貸付時に返済能力があるかどうかと言う点を最重視するため、このような信用情報機関のデータは客観的な審査基準として用いられるのです。この信用情報機関のデータですが、実は

 

有料で個人情報を開示することができる


為、一般的なブラックリストに該当する情報があるかどうかを調べることが可能となっています。

仮面夫婦の打開策とは?

仮面夫婦になった人に打開方法のポイントを教えたいと思います。最初は好きで夫婦になったのに、気がついたらただの同居人では悲しいです。ですので、まず一番大切なのは、相手の悪い所ではなく、良いところを見るようにすることです。

夫婦で時が経つと馴れ合いの関係になるので、相手の悪いところばかり目がいってしまいがちです。ですので、最初の頃の気持ちを思い出して、どういう所に惹かれて結婚したのか思い出してください。そして、

 

実際に行動を起こすことで効果があったのは「ありがとう」という言葉を口にするということです。


やってもらって当たり前ではなく、どんな小さいことでも、物を取ってくれただけでも「ありがとう」と口に出すことです。「ありがとう」というのは不思議な魔法の言葉で不思議と前向きな気持ちになれるのです。

たったひと言で打開できる魔法の言葉のチカラ

ですので小さなことでも「ありがとう」と言うと相手に感謝の気持ちも湧いてくるので、オススメです。意外と時が経つと意外と相手にしてもらっていることが当たり前で感謝の気持ちを忘れているものです。あとは、些細なことでも相談しあうことで

 

やはり、会話は大事です。


仮面夫婦ということは会話をしていないと思うので、めんどくさがらずに些細なことでも会話して夫婦の会話を増やすとかなり違ってきます。それと、子供がいる夫婦の場合でもたまには二人でデートなどをして、恋人だったときを思い出すのもいいです。

恥ずかしいかもしれませんが、徐々に愛情が戻ってくる事もあります。以上が経験で仮面夫婦が打開出来た方法です。

長年連れ添った夫婦でも他愛ない会話は必要

一緒に出掛けることもなく、朝に顏を合わすだけで「おはよう」や「行ってきます」の挨拶すらも交わさない私たち夫婦は、もう立派な仮面夫婦だったのかもしれません。長年生活を共にしていると、

 

ある程度相手側の気持ちが汲み取れてしまうというのも原因の一つだった


と思います。特に相手の嫌う話題や反論が返って来そうな場合は、わざわざ口に出すことも避けてしまうのも長年連れ添った夫婦にありがちなことだんでしょうね。鼾や寝相の問題で寝室を別にしたなんていう話もよく聞きますが、

 

かくいう我が家も子供の巣立ちを切っ掛けに夫婦で別室を使っています。


プライバシーが守れ伸び伸びと過ごせていると思っていたんですが、微妙な体調の変化が分かり難くなりましたし、何だか意思の疎通もしにくくなったように思い始めました。原因は、やはり会話がないことだと思います。

互いの体調の変化には直ぐに気づくもの

特に変化のない日々を送っていると、わざわざ話題を考えてまで会話するということをしませんでした。この辺りが付き合って間もない恋人同士や新婚の頃との違いでしょうか。でも、今日見たテレビの話やそれこそお天気の話など、

 

これと言った答えの要らない言葉を投げかけてみることで少しずつですが変化がみられるようになりました。


まず、第一に相手の声を聞くことである程度の体調や気分などが把握できます。これは長年連れ添った夫婦ならではですね。この時、社交辞令や井戸端会議のような会話で良いんだと痛感しました。夫婦だからこの先も一緒に暮らすんだからと、

 

先々の問題を解決しなきゃなんて構えた話をする必要はなかったんです。


何の問題もなく日常が送れているからこそ、顔を突き合わせて真剣に話す必要がないわけですから。他愛もない日常会話は家庭内にも必要なんです。今も相変わらず「おはよう」も「いってきます」も言わない主人ですが、こちらからは挨拶をするように心がけています。

時間を持て余してしまう専業主婦生活から脱出

専業主婦の悩み、それは空いた時間で何をしてよいかわからないことです。よく専業主婦はラクでよいなということを言う人がいますが、実際にはかなり辛いものだとつくづく思います。

というのも、二人目の子どもも小学校に入学し、いよいよ念願の自分の時間が持てると思ったのも束の間、

 

空いた時間で何をしたらよいのかわからずに困ってしまったのです。


炊事、洗濯、掃除と一通りの家事を終わらせた後、買い物に出かけても時間を持て余してしまい、それまで運動もしていなかったこともあり、とりあえずウォーキングすることに決めたのです。

迷走するのは当たり前の現象?

しかし、いくら健康のためと思ってもイマイチ目的を意識することができず、ただ歩いているだけと思ってしまい、すぐに止めてしまったのです。一体、私は何をしているのか、これから何をすればよいのかわからなくなってしまったのです。

専業主婦は家のことをするだけで、家ではまるで家政婦状態で全く感謝されることもなく、さらには外で仕事をしているわけではないので社会に貢献しているという感覚もなく、悲しくなってしまったのです。

 

私も何か成果を出したいと思いつつも、何もすることができずに抜け殻のようになってしまっていたところ、夫がクラウドソーシングの存在を教えてくれたのです。


最初はなんのスキルもない私でも果たしてできる仕事があるのだろうかと思っていたのですが、私のような人間にもできる仕事があり、今ではすっかりはまっています。それまで時間を持て余していたのがうそのように忙しく充実した日々を送れています。

 

ある意味、夫にはとても感謝しています。


ダメダメ人間だと自信を失って、子どもたちを怒ったり、夫に八つ当たりしていた日々ともサヨナラすることができて良かったです。

子供の反抗期の対処法

多くの人が対処の仕方を間違える子供の反抗期

子供の反抗期の時に多くの人がその対処の仕方を間違えています。それはどうしてかというと、多くの親は子供の反抗期の時期に

 

真剣に対処しようという気持ちが希薄だからです。


そして、子供はその態度を敏感に感じ取ります。では、どうして多くの親が子供の反抗期の時期の対処の仕方を間違えてしまうかというと、それは自分自身が子供だった時の反抗期の時期も親から適切な対処を受けていなかったからです。

母親が子供の話を真剣に聞いてあげる事が大切

ですから、自分の子供が反抗期になった時もどういう風に対処したら良いか分からないのです。ですがそういう方にひとつアドバイスするなら自分の子供が反抗期になった時の適切な対処の仕方というのは父親ではなく、

 

母親が子供の話を真剣に聞いてあげる事です。


それで本当に真剣に話を聞こうという姿勢が子供に伝われば子供もその真剣な態度に反抗期でも心を開くようになります。

微妙な年齢の時期に不安がたくさんあるから

それはどうしてかというと、子供の反抗期の時期というのは別に親に反抗したくて反抗しているわけではなく、その微妙な年齢の時期にいろんな心の戸惑いがあって不安になって結果親に歯向かっているのです。

でも、それも親が真剣に受け止めて何でも話しを聞くという姿勢を見せればいくら反抗期の時期でもめちゃくな事はしないです。

 

それどころか、真剣に自分の悩みを聞いてくれるようなら反抗も収まります。


ただ、その際にはすぐに反論したがる父嫌よりも話を最後まで聞いてくれる母親が子供の話を聞くのが良いです。そうやって私も自分の子供が反抗期になった時もそれほど荒れずに済んだのでみなさんもそうすべきです。

無条件にではなく理屈をもって接すること

信じたいが信じれなくなる時がある

子供を信じれなくなると子育てに悪影響が出てきます。突発的な行動や反抗で自分の育て方から間違えていたのではと悩むこともあるのでしょう。しかしどんな子供の行動でも何かしら理屈があることを忘れてはなりません。

 

嘘をつかれるのであれば

  • なぜ事実を隠したがるのか?
  • 反抗するのはどういう点に対して子供は納得がいっていないのか?

それを客観的に見るのです。


自分を責めるタイプと子供に責任を負わせるタイプ

母親は二タイプに大きく分かれ、自分を責めるタイプと子供に責任を負わせるタイプの両方がいます。どちらにしろ感情論が先行してしまい、本当の思う通りにならなかった理由、原因を突き詰められない可能性が高いです。

四六時中顔を付き合わせる親子ですので、どうしてもそうなってしまいがちですが、理屈で考えると

 

子供を信じてやるためのすべての行動の理屈は見えてくるはずです。


旦那に相談する

自分一人ではなかなかそれができないなという時こそ、自分よりは子供に接することが限られる父親につまり自分の旦那に相談するといい意見が聞けるかもしれません。何故子供はこういう行動を取ってしまったのだろうか、きっとあなたより冷静に見てくれるでしょう。

 

また子育て経験者ならば似た経験から何か良いアドバイスをくれるかもしれません。


ママ友や自分の母親に相談する

ママ友や自分の母親に相談するのもいいかもしれません。理屈がわかると子供へのこれからの接し方が変わり、効果的に行動が変わってきます。そうすると子供の行動は予測しやすくなり、より信じられるようになります。

専業主婦の身分証明

私は結婚して10年ですが、専業主婦です。自分の母親が専業主婦だったこともあり、子供が小さいうちは外で働く気はありません。しかし最近は子供たちの習い事にお金が掛かるようになってきたので、

 

少しでも家計の足しになればとネットでのお仕事を開拓中です。


ネットでの銀行を新規で作る際に、

 

車の免許がない私では保険証だけでは身分の証明には足りず公共料金等の書類を添付しなくてはなりません。


しかし、公共料金の支払い名義も携帯電話等の支払いももちろんすべて夫名義です。問い合わせた結果、住民票の原本添付とのことでした。非常に面倒です。

何故保険証だけでは不十分なのか?

保険証だけでお金が借りられると昔母に聞いたことがありましたが、それは母の時代でのことで今は幻なのでしょうか?確かに顔写真がついていないようなもので、名前も住所も手書きの時代もありましたし

 

保険証では不安要素が多すぎるかもしれないことも理解は出来ます。


専業主婦になったらその証明書でも作る制度でもあれば、この共働きの世の中で肩身の狭い思いをしなくて良いのかもしれません。私はとくに外で働きにでたいと思ってはいませんが、この先の老後も生活にゆとりを持つためには

 

私が働いてそのお金をすべて貯金に回すのがベストと考えているからです。


しかし、まだそのときではないので在宅ワークなどをすると専業主婦の身分証明書問題はとても壁が高く、住其ネットカードが浸透しなかった今はまだまだ面倒な問題だと思います。

専業主婦には自由になるお金がない

結婚して子供が生まれる前までは共働きで働いていて、主人も私も安月給でしたが家庭の生活費として使うお金とその他自分自身のために使える自由なお金を持っていました。出産後も主人のお給料でやりくりできないことはないと思いましたが、

 

多少はお金に余裕のある生活をしたかったので産休・育休を取得し仕事復帰するつもりでした。


ところが出産後、子供を保育園に預けようと探し始めたところどこも定員いっぱいで受け入れてくれるところがありませんでした。必死に探しましたが結局どこも見つからず、育児休暇の期間が終了してしまい退職を余儀なくされました。

シビアな現実と向き合う毎日

それから主人だけのお給料での生活が始まったのですが、「生活」をする分のお給料はあります。しかし、余裕がないのです。前は頻繁に出かけていた旅行へ行くお金や、ちょっと良い化粧品を買うお金、3ヵ月に一度は行っていた美容院のお金に、洋服・・・

 

今はほとんど捻出することができず、貯金も少しだけ出来るかできないかという感じです。


今月は少し余裕がありそうだから洋服を買いたいな、美容院に行きたいなと思っていても、主人の会社の付き合いで急な飲み会が月に2回も開催されてしまっては私が使いたいなと思っていたお金は当然残るはずがありません。

 

このままではストレスが堪るわ・・・


主人に文句を言おうにも、会社員としての付き合いがあるのもわかりますし、主人が稼いできてくれたお給料であることでやっぱり強く言えない私がいます。今からでもと保育園、働き口を探し始めています。

専業主婦の子育ての知恵

専業主婦の私の悩みは?

 

  • 働いているお母さんがいかに子育てもキチンでできるか?
  • その時間を確保てきるか?

このような悩みは尽きないものです。出勤前に保育所に子供を預けて、仕事が終わると迎えに行く。おそらくこれがオーソドックスな生活パターンだと思います。限られた時間の中で、子どもとの触れあえる時間をいかに多くするが、子育てのポイントですね。

子供と一緒に取り組める趣味を探す

 

幼い時から常に会話ができる関係が続くと楽しくなります


し、元気も出てくることでしょう。触れ合う時間の密度を濃いものにするには、何か子供さんと一緒に取り組める共通の遊びや趣味能なものがあれば、同じ1時間を過ごすのにも心の通いがより深まってくるのではないでしょうか。

ママ友とのいいお付き合があれば最高

 

幼い子供さんなら、休日の日にアトリエ教室やスポーツ教室に通うなどです。


一緒に夢中になれることや体を動かせる目標なり楽しみがあれば、限られた時間でもりっぱな親子関係が維持できると思うのです。

また、近所とのお友だち付き合いもそうです。子供が2、3歳の頃に公園で知り合ったママ友とのお付き合がいい関係で続いているのであれば、一緒に遊ぶこともいいでしょう。

ホームパーティも一つの手段

金曜日や土曜日の夜には、ちょっとしたホームパーティをすることも自分の気持ちを明るくさせてくれますし、子供同士も仲良く遊んで友達同士、子供達同士の仲間の輪がより深くなりいい関係でいられることでしょう。

無理せず休むことも大事

働くお母さんには体力的にも精神的にも疲れが残っまてしまい、つい子育てがが億劫になることがあるかもしれません。この時は無理せず休むことも大事です。日頃、仲良く接している子供さんであれば、

 

お母さんの横に座って心配してくれることと思います。


これも子供とのある種の触れ合いになります。肩を張らずに子育てに頑張っていると、いつか疲れてしまいかねません。日頃の何気ない会話を楽しむくらいの気持ちで子育てに頑張って欲しいですね。

子供に将来掛かる教育費を考えてお金を貯める

子供には興味を持ったものは何でも習わせてあげたい

小学校に入る頃には習い事も様々な選択肢があります。出来れば子供の興味を持ったものは何でも習わせてあげたいものですが、時には、物凄くお金の掛かる習い事に興味を持つこともあります。ならいにいくだけなら、まだなんとかなるのですが例えば、

 

ピアノを家での練習用に買って欲しい


など高価な物の購入を要するようになってくると、そこそこ裕福な家庭でないと、やはり

 

ローンでの購入を考えないといけなくなると思います。


続かないと腹の立つことも・・・

それでも3ヶ月位でやっぱり止めると言い出したりしたときに黙って、「いいよ」とは言えないものだと思います。そんなことを言っていると子供の将来の可能性を摘んでしまうことになることもあるかもしれないので、

 

出来れば出来る限りの事はしてあげたいし、なかなか難しい限りです。


進級すると塾は必須

それから、進級していくにつれて、塾の必要性も出てくると思いますが、本当に子供が勉強したくてというのなら、是非塾に行って勉強させてあげたいのですが、塾といってもそこそこのお金は掛かるので、遊びに行くようなものなんだとしたら、それはもう、

 

別に塾に行かせなくても良いのかなと思います。


そのお金で、もっと子供の興味のあるものを用意してあげた方が良いかもしれませんよね。最後に、大学生の入学金、生活費が一番お金が掛かるのではないでしょうか、人生のうちでもかなり楽しい時期のうちの一つだと思うので、

 

ローンをくんででも子供にはお金の心配を掛けずになんとか乗りきりたいものです。


それなりにお金が必要なのは大切な自分の子供の為なので、頑張ってあげたいものです。